無料測定まつりを開催します

 10月22日に恒例の無料測定まつりを開催します。
 福島の原発事故から6年半が経過しましたが、事故は決して収束していません。また、放射性物質で汚染された食品の流通は拡大していると思われます。
 この日は会員でない方も無料で測定をご依頼いただけます。検体数に限りがありますので、測定をご希望の方は事前にご予約下さい。また、先日、古い火鉢の灰から放射性セシウムが検出されました。これは、冷戦時代の核実験によるものだと思われます。もしご自宅などに火鉢が保存されていましたら、その灰を1リットル程度お持ち下さい。
 見学のみ、情報交換のみという方も大歓迎です。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

2017年10月22日無料測定まつりチラシ

測定結果メール、ご覧いただけていますか

 会員の皆様には日々の測定結果をメールでお届けしていますが、メールに添付されている測定結果チャートが見えない、あるいは、メールそのものが届いていない、といった事例があるようです。これまでにそういった経験をお持ちの方は、その旨お知らせいただけますと幸いです。その際、メール受信環境(パソコン=Win, Mac, その他=、携帯端末=iPhone, Android, その他=)も併せてお知らせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

出版のお知らせ

「放射能が気になるママのための 給食・牛乳についてのお話会」が本になりました!
本
>>絶賛販売中!(∩´∀`)∩詳しくはこちら<<

 *・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

奈良・市民放射能測定所へのご連絡は

0742-81-8458(開所日のみ)か naracrms@gmail.comまで。

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 
奈良・市民放射能測定所がめざすもの

福島第一原発の事故による放射能汚染が広範囲に広がっています。西日本に住む私たちも、放射能と向き合って生きることを余儀なくされています。

国の「基準値」は内部被曝や低線量長期被曝の影響を軽視しており、その検査体制に対する不安が増大しています。

私たちは、すべての食品の測定値が公表され、それを見て、安全であるかどうかを消費者自身が判断できる世の中にしなければと考えます。そのための手段として市民測定所を設立しました。市民自らが測定し、正しく判断できるところから始めなければと考えたからです。

食品の安全を確かめることが第一ですが、同時にそれは、自らの生活や家族の健康は、国や行政任せではなく、自分たち自身で守るという当たり前の感覚を取り戻すことにつながります。

そのような生活スタイルこそ、国や行政の在り方を変えゆく大きな力にもなるのではないでしょうか。多くの方々が、気になる食品を検体として持参し、測定所を訪ねて下さることを願っています。

そして、ぜひ、会員になって下さい。

測定所が、単なる測定にとどまらず、生活や子育てのための情報センター・相談センターを兼ね備えた、「交流の場」として機能することを願っています。市民やお母さん方が気楽に立ち寄り、測定済みの安全な材料を使ったケーキなどを食べながら憩える空間、そんな測定所の運営をめざして、今後とも皆さん方の絶大なるご支援・ご協力をよろしくお願いします。

奈良・市民放射能測定所

代表 辻本誠

広告