19日測定日誌

【報告者:辻本】

スタッフは7人でした。

 遮蔽用の鉛板、ヒ―タ―ベルト、サーモスタットが届きました。ベルトにはプラグをつけて測定環境の改善をします。

 奈良でも福島産玄米ひとめぼれの12時間測定をしています。スペクトルグラフにはセシウム3兄弟のピークが黙視できますが(形状は阪神の場合とほぼ同様です)、なぜか数値には137は不検出となっています。温度管理、更なる遮蔽、1.6.2へのバージョンアップなどを通じて、近々「あるべき測定結果」を実現できると思います。

 測定以外では、三つ折りチラシの作成、会員・協力者への郵送連絡などの事務が行われました。

本日の自主測定は以下の通り

◎国産干ししいたけ(30間測定)

                  検出下限   計数率

Cs137: 不検出         23.2Bq/kg    0.00cps

Cs134:  不検出          18.9Bq/kg    0.00cps

K-40:  886.7Bq/kg ± 395.0Bq/kg 201.2Bq/kg    0.44cps

*検体の量不足(197g)のため、下限値が下がらなかったようです。

◎宮崎・鹿児島産キムチ(30分測定)

                   検出下限   計数率

 Cs137: 不検出           3.9Bq/kg     0.00cps

Cs134: 不検出 3.2Bq/kg    0.00 cps

K-40: 107.4 Bq/kg ± 61.2 Bq/kg 38.0Bq/kg   0.28 cps

◎兵庫県産生いかなご(30分測定)

 Cs137: 不検出           2.6Bq/kg     0.05cps

Cs134: 不検出 2.2Bq/kg    0.00 cps

K-40: 137.2 Bq/kg ± 60.0 Bq/kg 28.9Bq/kg   0.33cps

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中