こどもの食 フォーラム・追記

こどもの食 フォーラムについてもうすこし。

私たち奈良市民放射能測定所が
『こどもの食べるもの』について、できること。

それは、やはり
『できるかぎり危険が取り除かれたもの』
を、食べてもらえるように
することでしょう。

できるだけ、安全が確かめられたものを使ってほしい。

だから
フォーラム当日、たくさんのちいさいこどもたちと
おとなたちが食されたパンの米粉と
ごはんに使われたお米は、あらかじめ
私たちが測らせていただいたのでした。

『だいじょうぶでしょう』を、
『たしかにだいじょうぶ!』に
すること。

厳しいことばかりの日本の毎日ですが
こどもたちの笑顔を
どっしりした気持ちで見守りたい。

そのために役立てたなら、
とてもうれしく思います。

セシウム134と、セシウム137が
検出されていないとよくわかるグラフを
カラーで拡大コピーしたものを
私たちのブースに貼って
お客さまに見ていただくことができました。

給食は、
できること〜技術や専門性や設備や、得意なこと〜を持ちよって
みんなで守りたいですね。

スタッフ・ふた

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中