さつまいものポタージュ⌘

こんにちは。
いったいいつから、ここはお料理ブログになったのか…と
思われる向きもあるかもしれませんが、
そうではありませんのでご安心を?

ともあれ、

《測定済み食材クッキング》シリーズ!!♩

本日の食材は、茨城県産さつまいもです。
電子レンジで温めて柔らかくなったところで、
手袋をはめた手でよお〜くつぶします。
担当は、久々復帰の測定員「こあらん」(仮名)。
彼女はマリネリにきっちり詰めるのがうまいんだ。
復帰を心から喜びます!

結果は、幸い不検出でした。
というわけで、食べちゃおう!!

(データは、会員専用のサイトにて公開しております。
アップされるまでにタイムラグが生じる場合がありますが
ご了承くださいませ。)

どっちゃりビニール袋に入ったさつまいも…
皮も一緒にまぜまぜ状態です。
さて、どうやって食べるか?
漉してポタージュにするぞ!!

ここはふたんちのキッチンです。
ざるに山盛りのさつまいも!!

牛乳をたっぷり入れたお鍋で温めるうちに
だんだん、溶けてきました…

湯気で、ほわああああん。
いい匂いがします!!
「なると金時」や、「紅あずま」のような、甘みの強い品種ではない
いわゆるふつうのさつまいもなので、
普通におかずっぽくなりそうです。
あんまり甘いかぼちゃなんかだと、
「これ、飲むタイプのかぼちゃプリンやで!!」という味になっちゃうんですよね。

でけた!!
牛乳をもう少し浮かべて、こしょうをガリガリやって、完成〜。
美味しかった!!!
おいしいねえ、すごいねえ、と話しながらいただきました。

感謝です、お野菜に。
農家のかたの、力と汗の結晶。
ありがとうございます。

茨城県は、農業県です。
たくさんの野菜がつくられ、全国に出荷されて、
家庭の食卓や給食をまもってくれてきた土地です。

なぜ、そこのお野菜をいただくのに、
放射能測定機にかけなくてはならないのでしょうか?
何も考えずに食べてしまうのも選択肢のひとつでしょう。
しかし、原発事故と大規模な汚染を、なかったことにはできません。
お野菜をいただくのに、
「汚染されていないな」と確かめ、
今後も経過を見守っていったほうがいい。
そんな時代に生きているのです。

スタッフ・ふた⌘

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中