おじさまたちも、生臭モノに負けず!!

こんにちは。
本格的な夏が やってまいりました!!
蝉が、光が、ゴーヤーが!!
みなさまは どのようなもので 夏を感じていらっしゃるでしょうか。。

測定所も夏を迎えたわけですが、
イカのマリネリ容器詰め作業が 夏本番スレスレの直前だったことには
全員が感謝すべきでしょう。
←ゆからんの 「ゲルマ測定レポ」♪昨日の記事をごらんください♪
今日は、測定の前日のもようについて
お伝えしますね。

継続的に ゲルマニウム測定機でのクロスチェックをしていくために
私たちは 専用のマリネリ容器を買い。。。
(とってもとってもお高かった。号泣)

こちらで詰めてから 南福崎土地㈱放射能測定室にhttp://minamihukuzakitochi.blog.fc2.com/
持ち込みます。

じゅうぶんな量を詰めるために イカを大量に
入手しなければなりません。
今回は 検体の手配や事前の作業に “主婦”スタッフが
誰も参加することができませんでした。
てことは、多分 日頃イカなんてあまり触られないであろう
おじさまたちに 頑張っていただくわけで。
実は ふたは、申し訳ないな〜。。。といくぶん気になっていたのですが。。

なんの!!

暑さにも湿度にも負けず、
そして
生臭モノにも負けぬ
われらが測定チームなる おじさまたち!!

見て、この写真!!

image

切るうううう包丁切れねえええ

image

詰めるううううう

腐らないように塩を加えるうううう塩の量も測るうう

腐らないように塩を加えるうううう塩の量も測るうう

詰められたものがこれだ!!

詰められたものがこれだ!!

イカスミの袋が破れるううううう
マリネリに被せたビニール袋は破れないように
二重にしたけれど
そしたらすき間が空きやすくて詰めにくいいいいい

そうした苦労を越えて見事に詰められた
怪しい黒い物体の詰まったマリネリ容器を
我らが測定主任・ミスターMが自宅へ持ち帰られ
冷蔵庫に一晩安置。
「タベルナ!」の貼り紙をつけて。
いや、あれ普通食べようと思いませんから。

そして翌日の測定に 大阪までお持ちになったわけです。

1.3kgのイカをスーパーの鮮魚店に注文するところから、
なかなかのお手つきで検体としてさばかれ
腐らせない配慮をほどこし
全体の重量に対する塩の割合を計算し。。。

おじさまたち、すごし!!

さすがだなあ、と見直した
いえ
改めて尊敬してしまいました。

なぜか室内でもかぶっておられる麦わら帽子が
“ハマの漁師” 的な風情をかもし出しているww

詳しい測定結果については
前日のレポートをご参照くださいね。

スタッフ・ふた

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中