2014.10.18 奈良新聞記事 書き起こしです

こんにちは!
昨日アップされました 奈良新聞記事の書き起こしです。
どうぞ〜

原発事故後の福島の現実知って
映画「A2-B-C」

原発事故後の福島の現実を伝えるドキュメンタリー映画「A2-B-C」(イアン・トーマス・アッシュ監督、71分)の自主上映会が、奈良市鳴川町の市音声館で開かれる。

来月1日、奈良で上映会

主催は食品を中心に市民の手で放射能測定を行う奈良・市民放射能測定所(辻本誠代表)。タイトルの「A2」「B」「C」は甲状腺に発生した、のう胞や結節(しこり)の大きさによる判定レベル。
「異常なし」を示す「A1」から順に深刻度が増すが、福島県は18才以下を対象に実施している甲状腺検査で、「A2」以上の判定を受けた子どもが平成23年度は36.7%、24年度は45.3%、25年度は57%と発表している。
アッシュ監督は日本在住13年。震災発生11日後に福島の取材を決意した。映画は、甲状腺検査で「A2」と診断された子どもたちとその母親、常にガラスバッジ(個人線量計)を身に着けて活動する子どもたちなど、放射能汚染と隣り合わせに生きることになった人々の姿、証言を、監督の音楽などの演出を排して映し出している。
同測定所スタッフの須藤愛子さん(41)=奈良市=は、子どもの体調不良をきっかけに放射能汚染を避け、関東圏から移り住んだ。須藤さんは「今、原発事故の影響をあまり意識していない人にこそ、ぜひ見て、知ってほしい映画。奈良に住む私たちにも、個人レベルでできることがきっとあるはず」と話している。
上映は午前10時と午後1時30分。各回定員90人。中学生以上1000円、小学生500円。終了後、意見交換会の場もある。
申し込み、問い合わせは同測定所、電話090(6059)5202、
Eメールはnaracrms@gmail.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中