学習会のお知らせ

「福島原発事故による子供の健康への影響」

福島の原発事故から約4年、現状はどのようになっているのでしょう。甲状腺がんの多発の報道もあります。放射線の内部被曝から子供を守る活動をされている奈良市西大寺の小児科医・入江紀夫先生からお話を伺います。

日  時   :  2015年2月15日(日) 13時~15時
会  場  :   コープ学園前 2F 集会室
          (奈良市中山町西1丁目716-3)
参 加 費  :  無料
申し込み   :  不要 ※直接会場にいらして下さい。
主      催    :   ならコープ平和の会

問い合わせ先 : TEL&FAX 0742-41-7600(大川)  0742-41-4325(堀江)
 

※講師・入江紀夫氏プロフィール

小児科・神経内科医
薬害問題を取り組んできた医療問題研究会のメンバー。福島の事故以降、放射線による子どもの健康への影響、内部被曝の問題についての講演多数。『低線量被曝・内部被曝の危険性―その医学的根拠』(耕文社)の執筆者の一人。関西地域に避難している子どもたちの健康相談にも関わっている。「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」の一人。2014年3月、ベラルーシ、ドイツを訪問。フランクフルトで開催された「原発事故がもたらす人体と環境に関する国際会議にIPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部の招待で参加。
 

コープ学園前

〒631-0013 奈良市中山町西1丁目716-3  TEL:0742-51-2900
AM9:00~PM9:00  駐車場台数85台(外部駐車場あり)
近鉄学園前駅よりバスで登美ヶ丘一丁目バス停下車すぐ。
(徒歩だと駅から北へ20分くらいです。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中