ご参加の方々のご感想。。アンケートより~その1~

こんにちは。スタッフ・ふたでありんす。
あっという間に春らんまんですね。

さくら

夜から雨になるとか。
お出かけの方、風邪にお気をつけて。

私は今日はしごとがお休みなので  真っ昼間に近所の公園へ!とか
できたらいいのですがそうもいかず。
この写真は家族が撮って送ってくれたものです。
外はこんなに明るいのに、お家の中はさむいよう。。

さ、アンケートアンケート。
これ、すごく大事です。
昨日のブログの終わりに、
「みなさんと体験と思いを共有できたと思う」と
書きましたが、そのことを確かめ、
みなさんが実際にどのようにお感じになったのかを
私たちが知る機会だからです。
お気持ちのこもった文章を多くの方がお寄せくださいました、
ありがとうございます。

個人の特定に結びつくもののほかは
承諾をいただいていないのですが、
公開させていただいて差し支えないかと
判断させていただきました。
なにとぞご容赦くださいませ。

全文でなく抜粋ではありますが、
文章にはほとんど手を加えておりません。
おひとりおひとりの率直なお声をお伝えしたいと考えています。
では以下。( )内と ※ は、朝守による部分です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~DVD『チェルノブイリ 28年目の子どもたち』のご感想~

◯28年たってもなお、2世、3世に起こる健康問題。同レベルの事故が起きた日本の行政の対応に驚くばかり。
◯次々と健康被害が拡大する様子がよく分かりました。
◯貴重な先例からまだまだ学ばなければと思います。
◯あれだけ対策していて、健康が悪い子が多いことに驚きました。日本ではもっと被害が大きくなるのでしょうか。
◯子どもたちに最も強く健康被害を及ぼす放射性物質の恐ろしさを重苦しく実感した。
◯インタビューされていた家族の自宅の菜園で採れた野菜を食べても大丈夫なのだろうか?
←※お子さんの健康に異常が出ているご家族が、「チーズも野菜もすべて自家製」と言われていたことについて。「外で買ってきたものを食べるともっとひどくなる」とも。。

◯日本は旧ソ連の対策より劣っていると思わされた。
◯日本の将来を考察推測する一助となりました。
◯チェルノブイリ事故があったとき、私たちはモスクワに住んでいました。二女が生後2カ月で事故の情報はほとんど入らず心配したのを昨日のように覚えています。チェルノブイリ近辺の子供たちがこれからも健康診断をきちんと受けて不安のない生活が送れるといいですね。

※このDVDは現在、YouTubeで視聴することができます。
映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」
http://youtu.be/3hv-5bW17Rs  (43分18秒)
白石草さんのお話や、OurPlanet-TV についても
いろんな動画が出ています。

~入江紀夫医師の講演
『甲状腺がんの異常多発と健康被害 ──深刻な事態レベル7とは』~

◯様々な情報がある中、点が線でつながった気がします。
◯定期的に講演を聞きたいです。
◯まさに、日本でチェルノブイリを追いかけている状況が理解できました。
◯マスコミに不信感をもっていますが、正しく現場の現実にしっかりと目を向け続けなければと思います。
◯甲状腺がんの発生数の比較から、スクリーニング効果ではないことが判明したことの意義は大きいと思いました。
◯(日本の一部が)チェルノブイリ汚染地域と変わらないことを知り、ショック。
◯α線の視覚化、β線、γ線を線香花火に例えられたことで放射線が実感された。
◯多くの具体例とデータをお示し頂き現状がよく分かりました。
◯友人にも情報を伝えられますのでとても有り難く思っております。
◯何回でも聞きたい内容です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ありがとうございました。
私たちのサイトにある入江先生の学習会資料もぜひご参照ください。

http://wp.me/P2K3q2-is

京都からのお客さまの声を 次の記事で紹介いたします。
「原発賠償京都訴訟」共同代表の、福島敦子さんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中