講演録「新規制基準の欺瞞と問題点ー国民の安全を犠牲に暴走する原発政策」 市川章人さん

こんにちは。

去る3月27日に行いました 私たちの測定所3周年記念セレモニーでの
市川章人さんご講演記録の文字起こしです。
講演をいただいてから時間が経ってしまったのですが、
すでに動き出してしまった伊方原発や川内原発、
そして福井県の美浜原発がこれから再稼動されるリスクを見据えると
とても重要な内容がぎっしり詰まっています。

10〜20回ほどに分割して随時連載させていただきます。
1日に数回分アップすることもあるかと思います。
全体も公開予定です。
お役に立てられますようにと願っております。
構成の読みにくい点などありましたらお許しください。

スタッフ・朝守双葉

〜市川章人さんプロフィール〜
京都大学理学部原子物理学専攻、日本科学者会議会員、
科学教育研究協議会会員、元京都府立高校教諭、
非核の政府を求める会常任世話人。
福島第一原発事故以降、5 年間で 300 回の講演をこなす。
共著『原発ゼロへ─1から分かる原発問題』(京都民報社)、
『フクシマから学ぶ原発・放射能』(かもがわ出版)、
『原発・放射能をどう教えるか』(京都教育センター)、
『原発事故!その時どこへ?─避難計画の検証』(京都自治体問題研究所、2014)、
『原発再稼働? どうする放射性廃棄物─新規制基準の検証─」(京都自治体問題研究所、2015)。

第1回
市川さんが講演活動を始められた経緯

奈良・市民放射能測定所 3周年記念セレモニー 2016年3月27日
市川章人さんによる記念講演
「新規制基準の欺瞞と問題点 ─国民の安全を犠牲に暴走する原発政策─」
日 時:2016 年3月 27 日
場 所:奈良・市民放射能測定所
講 師:市川章人さん
おはようございます。市川です。

高校教師をずっとやっておりまして、物理を教えてますから
当然授業の中で核分裂の話をし、教科書にはほとんど載って
いないんですが原発事故の話をしてきました。
実は3.11の事故のあとですね、たまたま私の教えていた卒業生が
統一地方選挙で立候補するということで、原発事故のことを
知りたい人がいるから個人演説会で30分ほど話をしてくれ、と
いうことになりました。
パワーポイントを使ったこともなかったんですけども、とにかく
大きな紙に3枚も4枚も図を描いて用意して、個人演説会ですから
お風呂屋さんの脱衣所とか神社の社務所とか喫茶店とか、
そういうところでやるわけです。そこで壁に紙を貼って、
そういう話をしました。残念ながら卒業生はそのときは当選しません
でしたが、今回京都市議選に通りました。議会の中でこれから
エースになってくれるだろうと期待しているんですが、3.11後の
その個人演説会で話したことがきっかけになりまして、そのあと
口コミで講演の依頼が多く来るようになりました。

今は残念ながら少ないんですが、やっぱり測定所が苦労しておられる
のと同じように、関心の度合いが下がってきています。最初の頃は
1日に3カ所行ったことがありました。平日は授業して、土日が全部
潰れます。定年後だから身が持たないということになって、本業の
非常勤講師の時間を減らしました。そんなことでやってきました。
今も非常勤講師をしています。4月から週2時間だけという依頼が
ありまして、それでは申し訳ないんだけどと言われたんですが、
こちらは「いやそのほうがいい」と答えました。2日、1時間ずつ
行きまして、あとはこちらの好きなようにできるからということで
また続けることになりました。いつまで続けるんや、と元同僚から
言われましたが、「死ぬまでチョークを離しませんでした」、
これでいきたいなと思ってるんですが。

府立高校教組っていう組合の中でも最高齢の代議員として定期大会で
しょっ中発言させてもらっています。『組合のレジェンド』という
あだ名をもらいたいなと思っています(笑)。

〜〜第1回ここまで〜〜
第2回は【福井地裁、大津地裁判断の分析】です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中