月別アーカイブ: 7月 2017

川根眞也さん講演録文字起こし〈第8回〉中学校前で見つけた奇形ネコジャラシ

2012年 埼玉県さいたま市立中学校前、
私の職場の中学校前のバス停にて

2012年5月、
埼玉県さいたま市、私の勤務する学校の前にあった奇形ネコジャラシです。
真ん中のは穂が三つ又に分かれています。
右側のものはだんご三兄弟のようにくびれています。

私の中学校の校庭の真ん中では
セシウム 134、137 が 114 ベクレル/ kg です。
これはだいたいどのくらいかと言いますと、
原発事故前の土壌にどのくらいの汚染があったのを知る必要があります。

「土壌(0 〜 5㎝)中のセシウム 137 の調査地点と
測定値(2009 年度 年間平均値)を一覧にしましたので
ご覧ください。

さいたま市桜区は 4.8 ベクレル/ kg ですよ。
セシウム 137 だけの数字です。
ところが 2012 年のさいたま市立中学の校庭の土壌は
114 ベクレル/ kg です。
約 20 倍になっています。
そして側溝。
側溝には泥が溜まって、水が蒸発して濃縮しています。
461 ベクレル/ kg です。
簡単に言うと 100 倍です。

私は、原発事故前と後との比較が大事だと思っています。
空間線量についても同じです。
さいたま市の発表だと、
市内の空間線量は 0.05 マイクロシーベルト/時くらいだから
正常値だと言っていますが、嘘です。
今 0.05 なら昔はいくつだったんだと。
昔は 0.034 マイクロシーベルト/時です。
埼玉県さいたま市の空間線量は 1.5 倍になっています。



関東地方で空間線量を測ったことがある方はわかると思いますが、
0.1 マイクロシーベルト/時というところはたくさんありますよ。
では 0.1 マイクロシーベルト/時とはどういうことかと
言いますと、原発事故前のさいたま市の3倍ということですね。
ここ、奈良や京都で
0.06 マイクロシーベルト毎時あるのは高いですよ。
でもこれは、天然核種であるウランの子供たちが
こちらの地方に多いわけですから。
私は天然核種については危険ではないと思っています。
同じようにアルファ線、ベータ線、ガンマ線を出しますけれど。

こういうふうに、
その場所の空間線量を測るのであれば、
原発事故前の空間線量と比べて何倍になっているのかと
いうことを考える必要があります。
埼玉県、神奈川県、千葉県、東京などで
0.1 マイクロシーベルト/時あるというのは、
自然放射能の3倍の空間線量になっているということです。

中国が放射能汚染されているかもしれない車に
輸入規制をかけています。
世界中、放射能汚染された車は輸入禁止です。
放射能や毒物で汚染されている車や工業製品は輸入させません。
中国の場合のストップのかけかたは、
現地の空間線量の3倍です。
つまり、中国現地の空間線量が 0.03 であり、
車が 0.1 マイクロシーベルト/時あるものだったらアウトです。
しかし日本政府が決めた除染基準は
0.23 マイクロシーベルト/時なので、
東京や関東地方では 0.23 が安全値だと思われています。
安全値ではありません。
0.23 はもう非常に危険すぎて
直ちに除染しなければいけない状態であって、
東京や関東地方で 0.1 マイクロシーベルト/時あれば
私は非常に危険なレベルだと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(第8回終わり)

本日はここまで。
川根さんが編集された表を大きく載せましたので、
それをじっくりご覧いただければと思います。
これはすごい表です、
文科省の『日本の環境放射能と放射線』などのサイトをあけてみても
これがサクッと出てきはしません。
川根さんがひとつずつ 拾い上げて
元データを使って見やすい図表に仕上げてくださったわけで。
同じことをしようと思うとその手間と根気に
ああああー、と頭が下がるのみ。
でもここに分けていただいたので大丈夫、
これを見れば、いっぱつです。

お住まいの地域の 現在と 震災以前の値は
変化していますでしょうか。
土壌のCs-137は、
これは震災後に土を測ったデータがないと
比べられませんね。
いかがでしょうか、
みなさまは お住まいの地域の土壌を
もう測っていらっしゃいますか?

私の住んでいる奈良県は、
確か 測定所スタッフになって 測定の練習を始めたころ
5センチ深さを集めて測ったはず。
データを探さなきゃ(汗💦

空間線量は これは今も 家人が毎朝測っていますが、
震災前とほぼ変わっていないようです。

明日は引き続き 川根さんの勤務先付近で見つかった
奇形ネコジャラシの話題です。

広告

川根眞也さん講演録文字起こし〈第7回〉本の紹介

こんにちは。
蒸し暑い午後。。
たまには図書館へ涼みに行くのもいいかもしれませんね。
今日ご紹介の本が所蔵されていたらいいですね!
では第7回です、どうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こちらの本をご紹介します。
ちょっと難しいので 1 人で読むのは厳しいかもしれませんが。

●『放射線被ばくによる健康影響とリスク評価』
欧州放射線リスク委員会(ECRR)編
明石書店
2011 年 11 月 30 日
2800 円

欧州放射線リスク委員会(ECRR)は
ヨーロッパの独立の科学者たちです。
ECRR が、ICRP の放射線防護理論は間違っている、
住民を放射線から守る防護理論になっていないと批判しています。
ECRR は、ICRPの放射線防護理論は少なくとも 300 倍から
ウランやプルトニウムの場合 1000 倍も間違っていると言って
います。
0.01 ミリシーベルトを 300 倍したら 3 ミリシーベルトですね。
つまり、4350 ベクレル/ kg の牛肉を 1回食べたら
0.01 ミリシーベルトと政府は言っていますが、
実は 3 ミリシーベルト/時被ばくすることになるかもしれない
ということです。

1000 倍間違っている、とは何か?
それは、ウランとかプルトニウムを評価する場合です。
ウランとかプルトニウムに対する ICRP の評価は非常に低いんです。
過小評価です。

今日、一冊の本を持ってきました。
●『ヒバクシャになったイラク帰還兵─劣化ウラン弾の被害を告発する』

佐藤真紀著、JIM − NET 協力
大月書店
2006 年 8 月 4 日
1400 円

JIM − NET とは鎌田實さんが代表をされている
『日本イラク医療支援ネットワーク』という団体です。
今、IS 国に支配されたり占領されている地域である
シリア、イランといったところには
白血病の子供たちがたくさん出ています。
小児ガンの子供たちも出ています。
そういった子供たちに、薬や治療など医療支援をやっている
グループです。

この本に出てくるジョン・マシューさん。
彼は湾岸戦争のあとイラクに入っています。
アメリカは湾岸戦争のときに劣化ウラン弾を
イラクのファルージャなどで使いました。
劣化ウラン弾とは何か。
ウランというのは天然の、自然界の中で最も重い、
正確に言うと密度が大きい物質です。
だから普通の、鉄を中心とする金属でできた砲弾が
戦車にぶつかっても、今の戦車は鋼鉄製ですから
へこむくらいでなかなか壊すことはできない。
ところがウランは最も密度が高いので、
鋼鉄製の戦車の甲板を貫通して、
そしてまた燃えやすいので戦車の中でボーッと燃えます。
そうやって中の兵士を焼き殺す。
そういったことができます。
劣化ウラン弾の弾頭には
最初はプルトニウムを抽出するために作られた残りを
使っていたようですけれども、
最近では原発の使用済み核燃料が
劣化ウラン弾の中に入っています。
原発の使用済み核燃料は世界中で処分に困っています。
最終処分場がない。アメリカにもありません。
スウェーデンやフィンランドが候補地を作ったくらいです。
そこで核産業は考えた。
使用済み核燃料を兵器の材料としてアメリカ国防省に売り込めば
使用済み核燃料の在庫がなくなります。
一石二鳥です。
国防総省はそのあとどんな健康被害が起きるかを考えることなしに、
この劣化ウランを砲弾の弾頭に入れました。

ロシアが巡航ミサイルをシリアに撃ち込みました。
あの巡航ミサイルも実は劣化ウラン弾である可能性があります。
「非常に強力な爆弾だ」という報道だけがされましたけれど。
いわゆる IS の拠点が地下にあった場合、
この劣化ウランを使った弾は
地下のコンクリート製のシェルターまで貫通するぐらいの威力がある。
「強力なミサイル」というのは実は劣化ウラン弾かもしれない、
ということを覚えておいてください。

そしてこのジョン・マシューさんは
湾岸戦争に従軍したわけではなく、
そのあとに残った戦車や武器の後片付けに携わった方です。
彼が従軍したのは、2000 年代です。
後片付けをした彼は頭が痛くなり、
皮膚にブツブツの疾患ができました。
彼がアメリカに戻って奥さんとの間につくったビクトリアちゃん。
その子には指が二本しかありません。
なぜか。
ウランの残りがイラクの砂漠の砂に混じっている、
それを彼が吸ったことによる内部被ばくです。
そして彼が知らない間に軍服につけて
アメリカの自宅に持ち込んだ砂ぼこり。
これが胎児の奇形を誘発したのです。

そのくらい、
ウランやプルトニウムを吸い込むということは本当に危険です。
ICRP の言っている放射線防護理論はまったく成り立っていません。
彼らは何ミリシーベルトの被ばくで胎児に奇形が起きる、なんて
いう言い方をしています。
ウランとかプルトニウムとかではわからないくらいの
小さなほこりを吸い込んだだけでも奇形を引き起こします。

私の身の回りでも、
南相馬であるとか福島のほうに被災地の応援に入られた方がいます。
本当にリスクがあるということを承知で入られるんなら
いいと思いますが。リスクはあります。
私は、南相馬はプルトニウム汚染だと思っています。

2011 年当時、
福島市や郡山市の空間線量は高かったんですが、
枝野幸男幹事長は普通の防災服で入ってます。
マスクもつけてません。
ところが南相馬市に入るときはフルフェイスマスクです。
白い防護服を着てマスクつけて。
呼吸器が三つついているものです。
手袋をして、袖口はぐるぐるテーピングして、
そういう姿で南相馬市を訪問しているんですね。
現地の方は作業服にマスクをしただけで普通に顔を出して
握手していますが。

プルトニウムに汚染された場所に行くというのは本当に危険です。
野呂さんは、チェルノブイリで 1986年、87 年、88 年と、
原発事故から 1、2、3 年以内に入った科学者の何人とも
会っていました。
今年 31 年目ですが、
彼らはほとんど亡くなっていると言われています。
20 代、30 代の若手の研究者も 40、50 歳で亡くなってます。
それが、原発事故の周辺に行くということです。
今回の震災は、原発震災です。
津波による震災ではない。
それが今までの日本の震災とはまったく違うところであり、
被災地の応援もほんとうに困難を極めていると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(第7回終わり)
『ヒバクシャになったイラク帰還兵』については
いくつも辛いポイントのある本です。
遠い外国で任務を終えてやっと平和な我が家に帰れて、
家族で暮らせるようになったのに
なんということが起きたのか。
この本は2006年の発行だから
このような悲劇が起きて おそらくもう10年20年?
そして今も悲劇はまったく終わっていないこと。
今も日本でも原発が稼働していて、使用済み核燃料が
たまっていること。

日本にも世界中にも
この問題に目を向けている人々がいます。
私自身も目をそらすことはできません。

次回 第8回は
川根さんの働く中学校の近くで
川根さんがみつけた奇形ネコジャラシについて。
引き続き どうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ・ふた

川根眞也さん講演録文字起こし〈第6回〉放射能の単位 ベクレルを学ぼう

おはようございます。

土曜の朝ですが、今日もガンガン行きますよ。(はあはあ
セミがじゃんじゃん鳴いてますが頭をすっきりクリアにして。

今日の回はちょっと頑張りましょう。
むずいです。数字慣れしてるかどうかで差はありますが。。
ベクレルという単位の話だけで切れたらよかったんですが、
やはり具体的にそれでどーなったのよ、という
お話の部分まで一気にいっちゃわないとね。
ご一緒に、がんば。
夏期講習だねほぼ。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

放射線の単位 ベクレル

シーベルトのほかにもうひとつの単位、ベクレル(Bq)。
実はこれが非常に大事だと思っています。
マイクロシーベルト/時では、本当の健康影響はわからない。


ベクレルの名前の由来は
アンリ・ベクレル(1852 年 12 月 15 日− 1908 年 8 月 25 日)。
フランスの物理学者で、放射線の発見者です。

大阪・兵庫で 2011年5月に流通した牛肉の最高値が
4350 ベクレル/ kg ですね。
この牛肉、1 回だけなら食べてもいいと思いますか?
嫌だ、という人?

ベクレルの意味がよくわからないですね。
ベクレルの意味を説明できる方おられますか?

わかりやすく言いますとこういう感じです。
放射線は、見えません。
その目に見えない放射線がこの牛肉から出てきます。
4350 ベクレルだと、1 秒間に 4350 発出ます。
これがベクレルの意味です。
ただし、セシウムの場合は最初にベータ線が出ます。
ベータ線が出たあとにガンマ線が出ます。
つまり2倍出ます。
単純に、4350 発ということで話を進めると、
牛肉を 1kg は食べませんね。
でも 100g くらいなら食べると思いませんか?
そうすると、100g は 1kg の何分の1ですか?
10 分の1ですね。そうしたら放射線は何発出ますか?
435 発ですね。

100g のステーキを食べて、
40 分くらいで肉は消化すると言われていますが、
胃がもたれていて、例えば 1 時間たったとする。
その間に放射線がバババババッと出る。
放射線だから本当はバババと音はしませんが。
そして私は全然舌が回っていません。
1 秒間に 435 回、ババババと言わなくてはならない。
なかなかできるものではありませんが。
それが腸管から吸収されて、脳や心臓の細胞に回ったとしたら。
ずうっと放射線を出し続けるわけですよね。

みなさんは、あと何年生きたいですか?
例えばみなさんがあと 10 年、20 年生きたいと言ったとする。
心臓や脳にセシウムが蓄積されていたら、
その間ずうっと放射線を出し続けるわけですね。
その影響というのを本当に深刻に考えないといけないと思います。

兵庫県 暫定基準値を超えた稲わらを与えられた牛の肉について

兵庫県はこの 4350 ベクレル/ kg の牛肉のことを
なんと言っているでしょう?
「暫定基準値を超えた稲わらを与えられた牛の肉について」。

この 4350 ベクレル/ kg の牛肉を 150g 食べた場合、
健康上の問題は過度に心配する必要はありません、
なお、この牛肉を数回食べた場合も同様です、
ということを言っています。
数回だったら食べても大丈夫、
とまだホームページに書いてありますよ。

なぜかというと、
4350 ベクレルに 0.15kg、1.6 に 0.00001 を掛けると、
0.01 ミリシーベルト。
〔4350 ベクレル/ kg × 0.15kg ×(1.6 × 0.00001)
= 0.01 ミリシーベルト〕
つまり、一般人の被ばく許容線量が年間 1 ミリシーベルトだから。
あと何回食べられますか?
100 回食べてもだいじょうぶ、とここに書いてある。

なぜ
「放射性セシウム 4350 ベクレル/ kg 汚染された牛肉を
数回食べても大丈夫」
になるのか?

これはどこが間違っているでしょう?
(会場から答え)
そう、線量係数がおかしいんです。
牛肉を 100 回食べるとしますが、
他のものも食べますよね。そこがまずおかしい。
また、このからくりについて説明します。

1掛ける1はいくつですか? 1ですよね。

1掛ける 10 はいくつですか? 10 ですよね。

ところが、1に 0.1 を掛けたらいくつですか?
0.1 です。

1に 0.01 を掛けたら 0.01 ですね。

つまり、同じ 1 なのに、
1 に掛けるのが 1、10、と上がっていけば高くなりますけど、
0.1、0.01 とどんどん下がっていけば小さい数字になるんです。
小さい数値を掛ければ、
小さい被ばく量が出てくるというからくりです。
この、0.00001 というのは、
国際放射線防護委員会(ICRP)が決めた実効線量係数です。
この、国際放射線防護委員会は民間団体です。
放射線の専門家が集められた民間団体に過ぎません。
国連機関でもなんでもありません。
原発を推進するために、原発を運営するために、
一所懸命に放射線の防護理論を立てているグループです。
この基準が世界中で使われています。
原発労働者の被ばく管理に使われているし、
そして今回の福島第一原発の事故についても、
被ばく管理のすべてに使われています。
文部科学省、環境省も
このICRP の防護モデルを正しいとして使っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(第6回終わり)

そう、私たちは数字を使って だまくらかされ ごまかされている。
「彼ら」はあたまがいい。ものすごく。
そして、弱いもの、わかっていないひとが割りを食う。
そう思うとがっかりして 力が抜けていきます。
しかし、数学できる人や 看破できるひとが
教えてくれる、それを学べる。
そこからいきましょう。

講演のとき この部分では
笑いというか困った感じの失笑が漏れ、
えーーっ、という感じとか、
会場の反応がとてもにぎやかでしたね。
この牛肉食べてもいいと思いますか?とか
あと何年生きたいですか?とか、
会場にズバドバと問いかける川根さん。
私たちは思わず知らず身を乗り出し、
わからない頭でいっしょけんめいに
考え始めずにはいられません。
なんて刺激的なのでしょうか。
川根さんの 教える能力 というものが
この方面で発揮されていくことは
複雑な思いではありますが
今はただ学びましょう。

次回は
これらのことを読んで学ぶための
書籍のご紹介です。
まだまだ続きますよ、今 3合目くらいかな?
よろしくでっす。

スタッフ・ふた

川根眞也さん講演録文字起こし〈第5回〉放射能の単位 シーベルトを学ぼう

放射能の単位 シーベルト



放射能の単位についても簡単に勉強しましょう。
シーベルトという単位のもとになったのがシーベルトさんです。
ロルフ・マキシミリアン・シーベルト
(1896 年 5 月 6 日− 1966 年 10 月 3 日)。
スウェーデンの物理学者で、
シーベルト・チャンバーという放射線測定器を作ったことで有名です。
『放射線防護の父』と呼ばれています。

シーベルトとは簡単に言うと、〈がまん値〉です。
これくらいの放射能の影響を、人間は、生物はがまんしろと。
この単位がシーベルトで、決して安心してはいけない数値です。
放射線が生物に悪さをする単位ですね。

シーベルトにはシーベルト(Sv)、
ミリシーベルト(mSv)、
マイクロシーベルト(μSv)の
三つの単位があります。
シーベルトをミリシーベルトに直したり、
ミリシーベルトをマイクロシーベルトに直すことができるかどうか。
まず、復習をしましょう。
シーベルトの前に、メートルの復習をします。
メートル(m)と、
ミリメートル(mm)と、
マイクロメートル(μm)。
マイクロはギリシャ文字の m。
ミューのことです。μと書きます。
マイクロは、昔はミクロンと呼ばれていました。

1メートルの長さに腕を広げてみてください。
次は、1ミリを指と指の間で広げてみてください。
1ミリは1メートルの何分の1でしょうか?
1000 分の1ですね。
ミリメートルからマイクロメートルも同じです。
大きい単位、中くらいの単位、一番小さい単位ということで、
マイクロが 1000 分の1です。

ここで問題です。
1 メートルは何ミリメートルでしょう?
1000 ミリメートルですね。
次は、中くらいの単位から一番小さい単位に行きますよ。
1ミリメートルは何マイクロメートルでしょうか?
単位をつけてお答えください。
1000 マイクロメートルですね。

シーベルトと、ミリシーベルトと、マイクロシーベルトもまったく同じです。
ミリシーベルトはシーベルトの何分の1でしょうか?
1000 分の1ですね。
マイクロシーベルトはミリシーベルトの何分の1でしょうか?
1000 分の1ですね。

ここでまた問題です。
1 シーベルトは何ミリシーベルトでしょうか?
1000 ミリシーベルトですね。
では 1 ミリシーベルトは何マイクロシーベルトでしょうか?
1000 マイクロシーベルトですね。
これは覚えておいていただきたいんですが、
放射線の専門家がこの単位の説明は
リスクコミュニケーションでも言うかもしれませんが、
これから話すことはまず言わないですね、日本の専門家は。
シーベルトと、ミリシーベルトと、マイクロシーベルトの意味。

シーベルトとは、人が死ぬ単位だと思ってください。
急性放射線症で、人が死に至る単位です。
具体的に言います。
2 シーベルト浴びると、5 パーセントの方が亡くなります。
100 人中 5 人。
4 シーベルト浴びると、50 パーセント。
8 シーベルト浴びると 100 パーセント。
100 人中 100 人が亡くなる、と言われている数字です。

1999年9月30日、東海村の JCO 事故で、
3人の原発労働者の方が被ばくしましたね。
3人のうち、大内さんと篠原さんは
そのあと急性放射線症で亡くなっています。
彼らが浴びた線量は
17 シーベルトから23 シーベルトと言われています。

ウランの廃液を一つのバケツに集めてしまった。
ウランがある量たまって臨界を迎えてしまうと
勝手に核分裂を始めてしまいます。
そこから出てくるガンマ線、アルファ線、
さらには中性子線を彼らは体に浴びて、
大内さんが83日後に、
篠原さんが211日後に亡くなってしまいます。
千葉県の放射線医学総合研究所で治療を受けて、
長い間輸血を受けるわけですけれども、
彼の身体は急性放射線症によって細胞分裂ができなくなっていた。
肉と骨とがバラバラになり、
身体が崩れるようになって亡くなっていったと言われています。
東海村の葬儀屋さんを私は知っています。
その方が言うのには、ほんとうに見るも無残なご遺体だったと。

2015 年のノーベル文学賞を、
ベラルーシの作家であるスベトラーナ・アレクシェービチさんが
受賞されましたが、彼女の作品『チェルノブイリの祈り』を
まだお読みでない方はぜひ読んでいただきたいと思います。
冒頭に、チェルノブイリ原発が爆発炎上したときに、
着の身着のまま防護服もつけずに多くの消防隊員が屋根に登り、
鉛やセメントを足で蹴落としながら火災の中に突っ込んでいく
記述があります。その消防士の奥さんが、
旦那さんが被ばくして倒れて治療されている病院に行きます。
ところが病院の看護師さんもお医者さんも、その奥さんに、
旦那さんに近づいてはだめと言うんですね。
旦那さんはもう小さな原子炉になったのよ、と。
だけど彼女は愛する夫の近くに行って、懸命に看護を続けます。
お医者さんはそんな彼女を引き止めようとして、
あなたはまさかお腹に赤ちゃんがいないでしょうね、と尋ねます。
奥さんは、いませんと答えます。
それは嘘で、実はそのとき身ごもっていたのですね。
この消防士も亡くなるときは、
背中から血がどんどん流れてくるので、ふいてあげようと思って
彼の身体を奥さんが持ち上げると、ボキボキッ、ボキボキッと、
骨が崩れていく音がし、口から内臓があふれ出そうになるのを
手で押し込めて入れるという光景も出てきます。
彼が亡くなったあと、彼女は出産をするんですね。
ところがその赤ちゃんは、肝臓ガンになっていた。
妊娠中に胎児が肝臓ガンを発症しているわけですよ。
赤ちゃんは生まれて数時間後に亡くなりました。

今回の原発事故で、
作業員は誰も亡くなってはいないということになっていますが、
ほんとうにそうなのでしょうか?
私は疑問に思っています。

さて、年間 1 ミリシーベルト。
これは一般人の年間被ばく線量の上限ですね。
1 マイクロシーベルト/時というのは、
2011 年 3 月に埼玉県川口市で観測された値です。
シーベルトのほかにもうひとつの単位、ベクレル(Bq)。
実はこれが非常に大事だと思っています。
マイクロシーベルト/時では、本当の健康影響はわからない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(第5回終わり)

この部分は 川根さんはすっかり学校の先生モードで
みんなで 1メートルの長さに腕を広げてみたり
1ミリを指と指の間でつくってみたり(えっ。。。)
ビシビシ当てられたし(冷汗;
でも 会場の参加者の方々はけっこうスラスラ答えられていて
さすが。。。でした。
私は会場の隅で、算数ができねー!!と焦っていました。。

シーベルトなどの単位がよくわからない、と
講演後にご質問くださった方がいらっしゃいましたね。
いかがでしょうか?
文字にしてみて 入りやすくなりましたでしょうか。
だといいのですが。。

はい、もういっちょう。

データを取り込めず、ペーパーをそのまま撮影するしかありませんでした。。
「総集編」ではきっと きっときれいにしますので!
ごめんしてください。

次回は ベクレルです。
お楽しみに!!(滝のような汗

スタッフ・ふた

追記;
東海村のJCO被ばく事故について。
私が 数字の入力ミスをしていたところ、
私たち測定所の辻本代表が
『朽ちていった命』(新潮文庫)に当たって
訂正してくださいました。
辻本さんはこの本について、また
亡くなっていかれたお二人について
しばしば測定所で話されています。
今回もおそらく自然に
改めて文庫本をめくってみられたのでしょう。
さすが、見逃されませんでした。(速攻で訂正しました)
辻本さんはいったい何度、
この文庫本を手に取られたことでしょうね。
それほどに強烈に 忘れがたく心を寄せずにはいられない、
大内さんと篠原さんの記録です。
『チェルノブイリの祈り』についてもそうですね。
川根先生が引用された部分を読んで
私たち測定所スタッフ、
また多くの方々がどれだけ涙を流したでしょうか。

川根さんは シーベルトという単位の話から
放射能事故の起きた時代に生きる我々が共有する
悲劇と愛の、生と死の記録をも
伝えてくださいました。

川根眞也さん講演録文字起こし〈第4回〉 学校給食の牛乳

僕が学校給食で牛乳を飲むのをやめたわけ

私は学校給食の牛乳を飲むのをやめたんですが、
これはそのわけが載った新聞です。
2011年5月19日、朝日新聞夕刊です。
夕刊の1面があって、
ぺらっとめくった2面のこちら側のほうに色がついていたので
目に入ったのです。
この記事を見て私はほんとうに激怒しました。何に怒ったのか。
まず、日付です。5月19日付。


(※記事本文は末尾に載せています)

なんの記事かというと、ピンク色に塗られた16都県で牧草を検査したと。
すると、赤いポチポチのついた地域からは汚染牧草が出た。
この汚染牧草は、1年間刈ったまま捨ててもいけない、焼いてもいけない。
1年間保管しろという指示を農林水産省が出したんです。
これをほんとに守るんですかね。一切補償がないんですよ。
で、通知を出したのが4月下旬なんですよ。
じゃあこの牛からとれた牛乳を 5月上旬に私が学校給食で飲んだ分は、
安全なんですか?
ダメだったと思いますよ。

また、このことを載せたのは朝日だけだったと思います。
読売も毎日も東京も載せてない。
4月下旬に通知を出してからも2週間、政府と各地域の自治体は、
平気でこの牛乳を子供たちに学校給食で飲ませ続けたんです。
この国はもうダメだなと私は思いました。

もうひとつ。
牧草だけが汚染されるということはあるんですか?
その地元の野菜はどうなんですか?
平飼いの鶏が餌を食べて、その卵、鶏肉は大丈夫なんですか。
ダメに決まってるじゃないですか。
そんなものを平気で流通させているわけですよ。
「牧草の検査対象の16都県(ピンク)のうち、
基準を超える結果が出た8県(赤い水玉)」。
その8県とは、
岩手・宮城・福島・茨城・栃木・千葉・群馬、
そして私の住んでいる埼玉です。
私は、少なくともこの8県の食材は学校給食で出すべきではないと、
どこでも言っています。

※〈朝日新聞2011年5月19日夕刊記事〉
『東京電力福島第一原発の事故を受け、放射能に汚染された
牧草を早期に刈り取り、その後に生えてくる牧草を牛のえさに
したり、放牧に使ったりするよう指導する方針を、農林水産省が
決めた。刈り取った草は、放射性物質の拡散を招く焼却や埋却を
避け、まとめて牧場そばに保管するよう求める。
農水省は、放射能汚染された牧草を食べた牛の原乳や肉から
基準以上の放射性物質が検出されることを防ぐため、利用できる
牧草の基準を4月中旬に設定。牧草の汚染が疑われる東北・関東
などの16都県に調査を依頼した。18日までの各県の検査結果
では、岩手から千葉までの8県で基準を超えた。
基準を超えた地域は放牧や牧草を牛に与えることをやめ、輸入
飼料などを使っている。だが、現在生えている牧草をどうする
かが問題になっていた。
農水省は刈り取りが可能な高さ(30センチ程度)まで育った
牧草はなるべく早期に刈り取るよう求める。一部は乳牛や
肉牛用でない繁殖用の牛などに与えることを認め、残った大半の
牧草は円筒形にまとめて発酵や乾燥させ、当面保管するよう
指導する。
現在の汚染の主な原因は3月中旬の原発水素爆発と農水省は
みている。大気中の検査結果などから、原発近辺を除いて
最近の汚染はひどくないとしており、刈り取り後に生える
「二番草」を牛に与えることは可能と考えている。ただ、
利用前に検査で安全性を確認することを求める考えで、
近くこうした内容の通知を各都県に出す。(大谷聡)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(第4回終わり)

次回は放射能の単位について。
なんといっても川根先生は
実は中学校の理科の教員の方なのでした!!
がっつりいきますぜ、
よろしくお付き合いください。

ここから下は読み飛ばしてください。失礼。↓
川根先生の怒り、そして迷いなく給食牛乳と
給食そのものを食べるのを止められたことから
私自身のことを思い、また、思い出しました。

もし私の住んでいる地域で
こどもの学校給食で 同じことが起きたとしたら。
どないしてくれんねん、何やってくれとんねん!!と
激しく怒り、ストレスで頭がくらくらして
こどもも、自分も
放射性物質を多分 確実に取り込んでしまっているという事実に
打ちのめされるでしょう。
そして世の中に対する失望で
足元が崩れていくような気持ちになるでしょう。

そして、この状況から救われるにはいったい
どうすればいいのかを真剣に考え始めると思います。
騒ぐ。誰かに言う→ドン引きあるいはそーっと引かれていく不安
自分のこどもだけでも守ろうと、給食食べなくていいと言い渡す。
黙る。見ないふりをする。
よくわからないので考えない。

私のこの想像は、多分 関東に住んでいた・住んでいるお母さんたちと
そんなに変わらないのではと思います。
みなさんの気持ちの強さはまったく比べものになどならないくらい
差し迫って。当然。

実際に、川根先生がこの記事を読んで激怒されていたころに
私は奈良県で息子の中学の給食に直面していました。

春休み中のことでした。。
私が選んだ方法は、
自分で文章を作って
汚染された地域の食材を給食に使わないでほしいこと
食べたら本当に危ないことを
できるだけ短く書いて。
大昔にわずかな 細い細いつながりのあったPTA役員さんに電話して
校長先生と本部役員さんに話をさせてほしい、と
頼んだことでした。
それからこれまた細いつながりのあった小学校の校長先生に
面談させてもらって 話を聞いていただきました。
どちらも ものすごくきつかった、
自分が困った変な人間になったような気がして
今でもその感触は取れていません。
みなさんいい方でした、誠意を持って対応してくださいました。
ある方は 自分は実は 仕事で汚染地域に行っている、と
打ち明けて下さいました。
でもみんな、わからなかったし真剣に考えようとはせず、
私をなだめて黙らせようとした。
だいじょうぶだし、我々には実際何もできないんですよ、と
お母さん心配しないで、と私を説得しました。
小学校の校長先生は私に「PTA会長に立候補しはったら?」と
おっしゃいました。
意地悪や皮肉ではなく、有効と思われる手段として。
それはできませんでしたが給食委員長になり、
あとは省略します。

長くてすみませんでした。

人格を芯から揺るがすような
激怒と絶望に値することが起こり、
そこから本当に救われるには
逃げるか向き合うかしかないような気がします。
いろんな条件で 個人がどうするかは決まっていきますが
もう頼むからこんな事態になってほしくないです。

スタッフ・ふた