川根眞也さん講演録文字起こし〈第5回〉放射能の単位 シーベルトを学ぼう

放射能の単位 シーベルト



放射能の単位についても簡単に勉強しましょう。
シーベルトという単位のもとになったのがシーベルトさんです。
ロルフ・マキシミリアン・シーベルト
(1896 年 5 月 6 日− 1966 年 10 月 3 日)。
スウェーデンの物理学者で、
シーベルト・チャンバーという放射線測定器を作ったことで有名です。
『放射線防護の父』と呼ばれています。

シーベルトとは簡単に言うと、〈がまん値〉です。
これくらいの放射能の影響を、人間は、生物はがまんしろと。
この単位がシーベルトで、決して安心してはいけない数値です。
放射線が生物に悪さをする単位ですね。

シーベルトにはシーベルト(Sv)、
ミリシーベルト(mSv)、
マイクロシーベルト(μSv)の
三つの単位があります。
シーベルトをミリシーベルトに直したり、
ミリシーベルトをマイクロシーベルトに直すことができるかどうか。
まず、復習をしましょう。
シーベルトの前に、メートルの復習をします。
メートル(m)と、
ミリメートル(mm)と、
マイクロメートル(μm)。
マイクロはギリシャ文字の m。
ミューのことです。μと書きます。
マイクロは、昔はミクロンと呼ばれていました。

1メートルの長さに腕を広げてみてください。
次は、1ミリを指と指の間で広げてみてください。
1ミリは1メートルの何分の1でしょうか?
1000 分の1ですね。
ミリメートルからマイクロメートルも同じです。
大きい単位、中くらいの単位、一番小さい単位ということで、
マイクロが 1000 分の1です。

ここで問題です。
1 メートルは何ミリメートルでしょう?
1000 ミリメートルですね。
次は、中くらいの単位から一番小さい単位に行きますよ。
1ミリメートルは何マイクロメートルでしょうか?
単位をつけてお答えください。
1000 マイクロメートルですね。

シーベルトと、ミリシーベルトと、マイクロシーベルトもまったく同じです。
ミリシーベルトはシーベルトの何分の1でしょうか?
1000 分の1ですね。
マイクロシーベルトはミリシーベルトの何分の1でしょうか?
1000 分の1ですね。

ここでまた問題です。
1 シーベルトは何ミリシーベルトでしょうか?
1000 ミリシーベルトですね。
では 1 ミリシーベルトは何マイクロシーベルトでしょうか?
1000 マイクロシーベルトですね。
これは覚えておいていただきたいんですが、
放射線の専門家がこの単位の説明は
リスクコミュニケーションでも言うかもしれませんが、
これから話すことはまず言わないですね、日本の専門家は。
シーベルトと、ミリシーベルトと、マイクロシーベルトの意味。

シーベルトとは、人が死ぬ単位だと思ってください。
急性放射線症で、人が死に至る単位です。
具体的に言います。
2 シーベルト浴びると、5 パーセントの方が亡くなります。
100 人中 5 人。
4 シーベルト浴びると、50 パーセント。
8 シーベルト浴びると 100 パーセント。
100 人中 100 人が亡くなる、と言われている数字です。

1999年9月30日、東海村の JCO 事故で、
3人の原発労働者の方が被ばくしましたね。
3人のうち、大内さんと篠原さんは
そのあと急性放射線症で亡くなっています。
彼らが浴びた線量は
17 シーベルトから23 シーベルトと言われています。

ウランの廃液を一つのバケツに集めてしまった。
ウランがある量たまって臨界を迎えてしまうと
勝手に核分裂を始めてしまいます。
そこから出てくるガンマ線、アルファ線、
さらには中性子線を彼らは体に浴びて、
大内さんが83日後に、
篠原さんが211日後に亡くなってしまいます。
千葉県の放射線医学総合研究所で治療を受けて、
長い間輸血を受けるわけですけれども、
彼の身体は急性放射線症によって細胞分裂ができなくなっていた。
肉と骨とがバラバラになり、
身体が崩れるようになって亡くなっていったと言われています。
東海村の葬儀屋さんを私は知っています。
その方が言うのには、ほんとうに見るも無残なご遺体だったと。

2015 年のノーベル文学賞を、
ベラルーシの作家であるスベトラーナ・アレクシェービチさんが
受賞されましたが、彼女の作品『チェルノブイリの祈り』を
まだお読みでない方はぜひ読んでいただきたいと思います。
冒頭に、チェルノブイリ原発が爆発炎上したときに、
着の身着のまま防護服もつけずに多くの消防隊員が屋根に登り、
鉛やセメントを足で蹴落としながら火災の中に突っ込んでいく
記述があります。その消防士の奥さんが、
旦那さんが被ばくして倒れて治療されている病院に行きます。
ところが病院の看護師さんもお医者さんも、その奥さんに、
旦那さんに近づいてはだめと言うんですね。
旦那さんはもう小さな原子炉になったのよ、と。
だけど彼女は愛する夫の近くに行って、懸命に看護を続けます。
お医者さんはそんな彼女を引き止めようとして、
あなたはまさかお腹に赤ちゃんがいないでしょうね、と尋ねます。
奥さんは、いませんと答えます。
それは嘘で、実はそのとき身ごもっていたのですね。
この消防士も亡くなるときは、
背中から血がどんどん流れてくるので、ふいてあげようと思って
彼の身体を奥さんが持ち上げると、ボキボキッ、ボキボキッと、
骨が崩れていく音がし、口から内臓があふれ出そうになるのを
手で押し込めて入れるという光景も出てきます。
彼が亡くなったあと、彼女は出産をするんですね。
ところがその赤ちゃんは、肝臓ガンになっていた。
妊娠中に胎児が肝臓ガンを発症しているわけですよ。
赤ちゃんは生まれて数時間後に亡くなりました。

今回の原発事故で、
作業員は誰も亡くなってはいないということになっていますが、
ほんとうにそうなのでしょうか?
私は疑問に思っています。

さて、年間 1 ミリシーベルト。
これは一般人の年間被ばく線量の上限ですね。
1 マイクロシーベルト/時というのは、
2011 年 3 月に埼玉県川口市で観測された値です。
シーベルトのほかにもうひとつの単位、ベクレル(Bq)。
実はこれが非常に大事だと思っています。
マイクロシーベルト/時では、本当の健康影響はわからない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(第5回終わり)

この部分は 川根さんはすっかり学校の先生モードで
みんなで 1メートルの長さに腕を広げてみたり
1ミリを指と指の間でつくってみたり(えっ。。。)
ビシビシ当てられたし(冷汗;
でも 会場の参加者の方々はけっこうスラスラ答えられていて
さすが。。。でした。
私は会場の隅で、算数ができねー!!と焦っていました。。

シーベルトなどの単位がよくわからない、と
講演後にご質問くださった方がいらっしゃいましたね。
いかがでしょうか?
文字にしてみて 入りやすくなりましたでしょうか。
だといいのですが。。

はい、もういっちょう。

データを取り込めず、ペーパーをそのまま撮影するしかありませんでした。。
「総集編」ではきっと きっときれいにしますので!
ごめんしてください。

次回は ベクレルです。
お楽しみに!!(滝のような汗

スタッフ・ふた

追記;
東海村のJCO被ばく事故について。
私が 数字の入力ミスをしていたところ、
私たち測定所の辻本代表が
『朽ちていった命』(新潮文庫)に当たって
訂正してくださいました。
辻本さんはこの本について、また
亡くなっていかれたお二人について
しばしば測定所で話されています。
今回もおそらく自然に
改めて文庫本をめくってみられたのでしょう。
さすが、見逃されませんでした。(速攻で訂正しました)
辻本さんはいったい何度、
この文庫本を手に取られたことでしょうね。
それほどに強烈に 忘れがたく心を寄せずにはいられない、
大内さんと篠原さんの記録です。
『チェルノブイリの祈り』についてもそうですね。
川根先生が引用された部分を読んで
私たち測定所スタッフ、
また多くの方々がどれだけ涙を流したでしょうか。

川根さんは シーベルトという単位の話から
放射能事故の起きた時代に生きる我々が共有する
悲劇と愛の、生と死の記録をも
伝えてくださいました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中