日別アーカイブ: 2017年8月1日

川根眞也さん講演録〈第9回〉埼玉県で見られた奇形ネコジャラシ・続

2016年 私の職場の近くの駐車場にて



2016年、私の勤務する中学校の目の前の駐車場で
奇形ネコジャラシが大量発生しています。
二又。三つ又。きれいに四つに分かれたもの、
四つ以上に分かれたのもありました。


これはぐちゃぐちゃ。


これはくびれていますね。
虫に食われたのかと思ったんですが、
虫に食われたネコジャラシを見てみると、
食われた部分が白くなるんですよ。
でもこれはその部分だけが凹んでいて、
その周りは青々としています。
これは奇形です。

空間線量は 0.13 マイクロシーベルト/時くらい。


ベータ線を測っていますが、ベータ線はゼロでした。

2012年に奇形ネコジャラシを見つけてからずっと、
ネコジャラシが生えていたらだいたい見ています。
仮説として、農薬の影響じゃないか?
もともとのネコジャラシの遺伝的影響じゃないか?
と考えました。
両方とも違うと思います。
農薬であれば、次に出てくるネコジャラシも同じようになるはずです。
ネコジャラシは3週間くらいで枯れたあとまた新しい穂が出てきます。
5月から11月くらいまで繰り返します。
ところが、同じ場所で同じような奇形ネコジャラシは出てこないんです。
2012年に正門の前で見た奇形ネコジャラシは
その翌年には出てきませんでした。
だから遺伝的な影響ではない。
農薬にしても同じですよね。
農薬をまいた場所なんだから、また同じようにして
出てくる可能性がある。でも出てきません。

結論はこういうことです。
原因は上から降ってきた。
放射能ではないか。

ネコジャラシをよく観察していて思ったんですが、
雑草は芽が出てきて大きくなって、
花芽が出て穂ができます。
でも、ネコジャラシは小さい芽が出たときからもう穂があります。
地面すれすれの所にある小さな穂に
土ぼこりやいろんな放射性物質がぽんとついて、
ベータ線やガンマ線を浴びたために奇形ができるんじゃないか、
と私は考えています。

植物の細胞と動物の細胞はぜんぜん違います。
動物の細胞は、切って培養すると、たとえば指の筋肉は
指の筋肉にしかならない。
神経細胞は神経にしかならないし、骨の細胞は骨にしかなりません。
私たち人間は誕生したときは受精卵という1個の細胞でした。
それが細胞分裂を繰り返してたくさんの細胞になります。
そのあと魚の形になり、そして亀のようになり、
だんだん人間らしい形になっていくんですが、
その中で細胞のひとつひとつが、
あなたは脳の神経の細胞になりなさい、あなたは骨、
あなたは筋肉の細胞になりなさいと分化していきます。
目の網膜細胞は目の網膜になります。

植物の細胞は万能細胞です。
考えてみてください。
茎を切って植えると、根が出てきます。
茎の先から枝が出てきて、枝から葉が出てくる。
そして茎の先端からいつのまにか花芽が出てきます。
1個の細胞が根にも茎にもなり、そして花にもなります。
ネコジャラシの穂も花です。
花ができる瞬間に、放射性物質がついて
遺伝子を切ってぐちゃぐちゃにしてしまうと
こういった奇形ができるんじゃないか、と考えています。

浜岡原発に反対する人たちが、桜の花の奇形を調べています。
浜岡原発の近くの桜の花を毎年調べておられます。
花は、がくがあって花びらがあって雄しべがあって、
真ん中に雌しべがありますが、
ときどき雄しべが花びらに変形したものがあるんですよ。
花の中に、雄しべ形の花びらができている。
原発の周辺で桜の花を調べることで、
微量の放射性物質が出ていることを突き止めておられます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(第9回終わり)

よく、見つけられたものです川根さん。
初めは2012年にとのことですが、
日頃から 足元の草むらや周囲の様子を
歩きながら見ておられるのでしょうか。

私はロードバイクで通勤しているのですが、いつも
信号待ちをする交差点で 路面に足を置く傍に
ネコジャラシがこんもりと茂っています。
川根さんのお話を思い出して 穂をじっと見ます。
1本も あのようなものはありません。
昔からそこらじゅうに生えているネコジャラシを
見てきましたが、穂がくびれていたり
枝分かれしたものなど見たことがありません。
それが普通でしょう。
しかし、2016年に??
みなさまはいかがでしょうか。
見たことはおありでしょうか。

そこに住んでいらっしゃる方々のことを思うと何も言えません。
でも、これは普通じゃないです。

川根さんが
1個の受精卵が細胞分裂して身体のいろんな器官に
分化していくことや
万能細胞について話されるのを聞いて(読んで)いると、
生命の複雑さ、素晴らしさを思わずにはいられません。
そして ネコジャラシの数々の写真をじーっと見ると
生命がじゅうりんされていると感じます。
痛ましいのです。
健全な姿を損なわれている。
なぜ?
どれほどに?

次回、第10回は
埼玉県産ニンジンから放射性セシウムが検出された
ことについて。

今日もとても暑い日になりそうです、
また、雨も来るかもしれませんね。

お出かけの際はどうぞお気をつけください。

スタッフ・ふた

広告