日別アーカイブ: 2017年8月7日

川根眞也さん講演録〈第13回〉書籍と資料の紹介 井戸川克隆『なぜ私は町民を埼玉に避難させたのか』 その他

ここで書籍と資料を紹介します。

●『ベラルーシ・プロジェクト報告』
内部被ばくを考える市民研究会、2013 年 7 月 13 日改訂、700 円


これは 2013 年 3 月に私が野呂美加さんと一緒に
ベラルーシの汚染地帯であるゴメリに行ったときの
報告です。

この中に「子どもの家」というのが出てきます。
スモルニコワさんという方が活動されている拠点です。
ゴメリの子供たちの身体の中にセシウムが
たくさんたまっていますので、
保養に行かせる取り組みをしています。
この「子どもの家」と門柱のところの土壌の上に、
空間線量計を置いてみました。
何マイクロシーベルト/時あったと思いますか?
0.071 マイクロシーベルト/時です。
汚染地帯ゴメリでこんなものです。
廃村になっている村の線量も、
低いところでは 0.1 マイクロシーベルト/時です。

ストロンチウムの汚染は
ベータ線を測らないとわからない世界です。
みなさんがお持ちの空間線量計は
ほとんどがシンチレーション式だと思います。
それだと、例えば
0.03 や 0.04 マイクロシーベルト/時と表示される。
自然放射能のレベルです。
ストロンチウム 90 のベータ線の汚染がすごく高いので、
そのようにガンマ線しか測らない空間線量が低くても、
ベータ線汚染で廃村のところがあります。
ベラルーシのストロンチウム 90 の汚染マップも載せてあります。

この他、甲状腺ガンの診断と治療の実際を勉強してきました。

ホットパーティクルのことも載っています。
セシウムで汚染されていない食品を食べるのをやめて
安全な食べ物に切り替えたら、健康状態が良くなったという報告も。
1.1 ベクレル/ kg で痛みが出た、という報告。
ほか、
歩けなかった男の子が、
放射性物質を抜いたら歩けるようになったという報告などです。



●『なぜ私は町民を埼玉に避難させたのか』
井戸川克隆、駒草出版、2015 年 4 月 21 日、1998 円


私が応援している井戸川克隆さんの健康被害を取材したものです。
井戸川克隆さんの腕には白斑があります。
浪江に「希望の牧場」という
吉澤さんという方がやっておられる牧場がありますが、
あそこの牛には白斑がありますよね。
同じように、人間の身体に白斑があるんですよ。
井戸川さんの腕の白斑は初期に出て、もう硬くなっています。
本当に彼の健康状態が心配です。
井戸川さんの健康状態を川根が取材して書きました。
井戸川克隆さんがなぜ国と東電を訴える裁判を起こしたのか、
ということと、
彼の裁判への思いが書かれています。
アナンド・グローバーさんという方が報告を書かれてますが、
その内容を彼が抜粋したものがあります。




●『厚生労働省・食品放射能汚染データ』
A4 サイズ、一般の方 400 円、避難者の方は 200 円

今、日本の食品の放射能汚染の状況がどうなっているかの
調査の結果です。
QRコードを読み取っていただくとPDFが読めます。
きのこについて 73 ページ、一般の食品について 214 ページあります。

全国 47 都道府県から、
食品の放射能汚染データが厚生労働省に集まります。
それを 1 年分、2016 年 9月までを私がまとめたものです。
1日2万件から3万件のデータが集まりますが、だいたい不検出です。
だけど、毎月 800 件とか 600 件、
検出されたデータがあります。
その中にやはり、岩手県産の牛乳の汚染が毎月のように出てます。
千葉県産のタケノコは 20 から 30 ベクレル/ kg 汚染されています。
椎茸は静岡県はだめです。そういったことが全部載っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(第13回終わり)

井戸川克隆さんについては
こちらもご紹介いただいています。
井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会
http://idogawasupport.sub.jp/index.html

『前双葉町長の井戸川克隆さんが国と東京電力を相手に
2015年5月20日に提訴。井戸川裁判が始まりました。
私たちは、11月6日
「井戸川裁判(福島被ばく訴訟)を支える会」を立ち上げました。
みなさん、会員、世話人になってください。
今度こそ原発事故の責任を明らかにさせるために
井戸川さんを、そしてこの裁判を一緒に支えましょう。
会員登録お願いします。』
(サイトのトップページより)


この写真は 2009年元日の餅まきとのこと。
平穏な時代の町長さんとしてのお姿と
原発事故後の
講演でマイクを握る井戸川さんの写真、
両方をあげましたが
較べるとまるで人が変わられたようにお見受けします。
健康被害を押して裁判に臨んでおられる姿に心を打たれます。
川根さんは井戸川克隆さんを強く支援しておられます。

http://www.radiationexposuresociety.com/archives/5789
前双葉町町長 井戸川克隆氏が書いた第一原発事故の真実
『なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか』
| 内部被ばくと健康被害 | 内部被ばくを考える市民研究会

みなさまもどうぞご一読ください。

これらの書籍と資料の紹介を挟んで、
次回
第14回は尿から検出されたセシウムについて。

今近畿は台風のど真ん中にあるようで
日本気象協会のサイトの雨雲の様子を見ると
奈良県、和歌山県は色分けが 赤と黄色で
あと数時間はほぼまっかっかです。
風は今のところはそんなになく
蒸し暑いですが
どこも大きな被害が出ないことを祈ります。

ではまた明日。。

スタッフ・ふた