カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

無料測定まつりのお知らせです

 トップページでお知らせしておりますように、6月19日に無料測定まつりを開催します。当測定所会員の方も、そうでない方も、是非この機会にお越しください。キッズスペースがありますので小さなお子さまをお連れいただいても大丈夫です。自然栽培のお野菜やお茶、平飼い卵、100%天然成分の洗剤などをご購入いただくこともできます。スタッフ手作りのスイーツもお召し上がりいただけます。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

2016年6月19日無料測定まつりチラシ.indd

2016年6月19日_無料測定まつりチラシ

広告

3周年記念セレモニーを開催します

来る3月27日、奈良・市民放射能測定所開所3周年セレモニーを下記の通り開催いたします。スタッフ一同、お待ち申し上げております。

3周年記念セレモニーOL

あけましておめでとうございます・本と 学習会のご案内です

こんにちは。
スタッフ・ふた です、
新年が明けてから 初めてのブログ投稿です。
みなさまは どのようなお正月を過ごされましたでしょうか。

私たち 奈良・市民放射能測定所は 1月10日(日)朝10時より
通常の測定を行います。
気になるものや 疑問に思うことがあったり、
測定所って どんなところ?など ご関心あればどうぞお越しください。
標題に おめでとうございます、と書いたものの。
私は今、なんともいえない重苦しい気持ちと焦りのようなものにかられています。
北朝鮮が行った核実験。
それがいつ 何時に実行されたのか、
本当にそれは水爆なのか、実験は大気中ではなく地下で、ということでいいのか。
これをお読みの方のほうが 詳しい情報をすでにお持ちかもしれません。

私は今日はたまたま仕事が休みで 測定所もまだ始まっていないので
ただ家にいて、洗濯物を室内に干し、窓を閉めています。
しかし、家族は学校や仕事に行っています。
雨はまだ降っていません。
お昼頃に 放射性物質が日本に到達する、という情報がありますが 確度はわからないです。
それでも、近所の幼稚園が今日は早く終わったようで
「おかえりのごあいさつ」をしているのを聞くと、
よっしゃ、とひとりでほっとしています。

高校も早くも終わったようです。
降り出さないうちに早くうちに帰れ、と祈ります。
マスクして。雨には濡れないで。外に、出ないで。

しかし祈っているだけでは放射性物質は防げない。
どうしたらいいのかわからないし、他の人たちに伝えたいけれど
限界がある。だから今、ブログに向かっているのでもあります。

とりあえず本を紹介します。

  

ジャーナリスト守田敏也さん、海象社。2015年10月27日初版。1380円。

もくじから抜粋します。
第1章 原発事故とはどのようなものか
第2章 あらゆる災害に共通する「命を守るためのポイント」がある
第3章 原発災害への対処法
第4章 放射能とは何か、放射線とは何か、被曝とは何か
第5章 放射線被曝防護の心得
第6章 行政はいかに備えたらいいのか(兵庫県篠山市の例から)

こんなときに備えて、知識があるとないでは全然違います。
私たちの測定所でも 守田さんから直に送っていただき、販売していますが
残部は数冊だと思います。

書いていたら息子が帰ってきました。。
雨がパラパラしている、と言っています。しかも、勉強しに出かけなければならない。
今月末が入試なのです。
やめてくれ。出かけるな。私がそう書いたところです。
マスクしろ。自転車はやめろ。

しかし私には家族ひとりの行動をどうこうする力もない。
ヤツは自転車で出て行きました。もちろんマスクはしません。
自転車は最寄りの駅までで、あとは電車に乗ると言って 数百円を私から巻き上げて。
空が明るく、雨はやんでいるようではあります。
早く建物の中に入って、当分出ないでくれと願うだけです。

もうひとつ、学習会のご案内です。
京都・市民放射能測定所ブログにて
第1 1回測定所学習会「トリチウムの危険性」にご参加ください!
との呼びかけが行われています。

http://crmskyoto.exblog.jp/

講師のおひとり、渡辺悦司さんはこのようにおっしゃっています。
「トリチウムは、現存のどのような技術によっても除去できないので、
原発や再処理工場から、無処理で、無制限に、大量に、大気中・海水中に放出されています。
トリチウムをめぐる情勢は、極めて切迫しています。
政府や原発推進勢力は、いま、福島原発事故によってたまったトリチウムを含
む大量の汚染水をすべて、希釈して海洋に廃棄しようとしています。」

1月11日(祝・月)、午前11時より、京都・丹波橋の「京都・市民放射能測定所」にて。
一般の参加が可能です、ご関心ある方はぜひ。

どうしたらいいのかわからず、経過を見守るしかありません。
その中で、せめて 同じ不安や危機意識を持つひとたち=私たちで。
集まれる、語り合える、気持ちをわかちあえるならば。
それは大きな力になるはずです。
奈良・市民放射能測定所は そのような場所をめざし、そうであり続けるつもりです。
今年も、お越しをお待ちしています。

スタッフ・ふた

「松の力」量り売りしてます

 多機能濃縮複合石けん「松の力」をご存知ですか。

 原発事故による食品の放射能汚染に注意するうちに、私はそれまであまり気にしたことのなかった食品添加物や残留農薬などにも気をつけるようになり、さらには身の周りの化学物質、特に合成洗剤(石油系)をできるだけ減らしていこうと思うようになりました。

 しばらくは純石けんを使っていましたが、この「松の力」をためしてみたところ、便利な上に使用感も良く、今では、食器洗い、洗濯、入浴(髪も体も)、ハンドソープに使用しており、ほかの石けん類はほとんど必要なくなりました。
 原料は松(ブラジル産)の樹液と水のみ、生分解98%以上と環境負荷も小さく、純石けんでは悩みの種だった石けんかすも出ません。
 また、肌にも優しく、私は食器洗いの他、毎日のように手洗いで洗濯(少量ですが)もしていますが、ほとんど手荒れしなくなりました。一般に使われている石油系の合成洗剤(合成界面活性剤)は、環境に与える影響の他、経皮毒による健康被害など、いろいろと深刻な問題の原因になっているそうです。

 私の家では、市販のポンプボトル(台所には小型、洗濯には大型)や泡ボトル(お風呂と洗面所)に「松の力」を入れて使っています。泡タイプのハンドソープの空き容器なども使えます。なお、用途により、またお好みで、原液あるいは水で薄めて使用します。
 においはほとんどありません。エッセンシャルオイルを加えてお好みの香りにすることもできます(肌に直接触れる用途の場合は、精油の種類にご注意ください)。

松の力P

 当測定所では現在、「松の力」を500ミリリットル単位で量り売りしています。会員価格は700円です(非会員は800円)。もちろん、「放射性物質測定済み・不検出」です。簡単な「使い方ガイド」も差し上げます。

スタッフ・とり

みどり姫だより Vol.11 です

プリント
みどり姫だより11