被災者健診のお知らせ

奈良民医連から、2017年奈良民医連被災者健診のご案内です。
測定所も『食の安全、こころの相談コーナー』を設置しています。
お気軽にお声をかけて下さいね。

 

1)日時 2017年6月25日(日)午前9時~12時30分

 
2)会場 医療法人岡谷会 おかたに病院

〒630-8141 奈良市南京終町1-25-1    
TEL : 0742-63-7700

3)対象 

原発事故の影響から避難され、奈良県内及び近隣に住んでおられる方(年齢不問)で、新規の方15人及びフォローの方を対象とします。

 
4)健診内容

<新規の方>

①身長・体重・腹囲(BMI)・血圧・視力・聴力

②血液検査(赤血球数・ヘマトクリット・ヘモグロビン・血小板数・白血球分画)

③尿検査(尿蛋白・尿糖・尿潜血)

④血液生化学(AST、ALT、γ-GTP、TG、HDL-C、LDL-C、HbA1c、空腹時血糖、血清クレアチニン、eGFR、尿酸)

⑤心電図

⑥甲状腺エコー

*小学生未満は、血圧と心電図は希望者のみ実施いたします。
   
   
   
<フォローの方>

①身長・体重

②血液検査

③甲状腺エコー
   
   
    
5)当日の流れ

9:00 受付・検査開始

10:00 診察開始

12:30 終了予定
  
   
  
6)費用

新規の方は無料。
フォローの方は、大人・子ども共一人500円。
   
    
    
7)申し込み方法

新規の方は、氏名・性別・生年月日(受検希望の方全員)、郵便番号・住所、TEL(メールアドレスがあれば、メールアドレスも)を明記の上、奈良民医連まで、電話・FAX又は、メールでお申し込みください。定員(15名)になり次第、締め切らせていただきますので、お申し込み後、受診いただけるかどうか、ご連絡いたします。

フォローの方は、おかたに病院よりご案内します。

 

8)健診結果について

健診結果票と甲状腺エコー検査の画像(CDにコピーしたもの)を後日、郵送します。

再検査が必要な方は、別途ご連絡します。

 

9)お申込み・お問い合わせ先(新規の方)

奈良民主医療機関連合会(奈良民医連)担当:百上宜明 
TEL:0744-21-3101
FAX:0744-21-3102

Eメール nara43@nara-min.org  (すべて小文字です)

 

ご参加ありがとうございました

私たちの測定所の4周年記念セレモニーから
一夜が明けて。。
私は今日 仕事をしながらずーっと
みなさまの顔や 昨日見た場面 体験したものごと
ひとつひとつを思い出していました。


本当にありがとうございました。
講師の川根眞也さん
ご参加のみなさま

そして お気に留めてくださった方々。
チラシをお店に置いてくださったり
スタッフの配ったチラシを受け取ってくださったり
持ち帰ってどなたかにお渡しくださったり。

そうした 全ての方々に
心からの感謝を申し上げます。

さて
文字起こしがんばりますよ。
次にやるべきことは
おいでになれなかった方々のために、
そしてもっともっとしっかり学ぶために
さらにたくさんの方に川根さんのお話を届けるために
昨日の記録をきっちりと残すことです。

奈良・市民放射能測定所名物!
講演文字起こし。
うちのスタッフはすごいからねー。(ぐへへ)
並みの仕上がりじゃあございませんぜ。(ふおーっほっほっほっほー)
ぐあーはーはーはー。
。。高笑いする間があったらすぐにかかれよ。。。
文字起こしすんのは実は この ふたです。
ふたが起こして、別のスタッフ・TRさんに渡したあとがねー、
そこからの仕事がもう並みじゃないんっすよね。
ぐあーはっはっはっはっ!!!

あ、ふた、ぷれっしゃで壊れました。

ではまた!!
早急に働きます!!

3日後・満員御礼

こんにちは。

4周年セレモニー お申し込みを下さったみなさま
ありがとうございます!!
おかげで 会場はほぼ満杯になりますので、
お申し込みを締め切らせていただきます。

川根さんのお話に対する関心の高いことがうかがえます。。

お話については
またまた文字起こしをしまして
このサイトにアップさせていただく予定です。
どうぞご期待下さい。

これまでのセレモニーでご講演くださった
守田敏也さん、市川章人さんの記録も
すごかったと思います。
うちらのセレモニー、すごいじゃないですか。
いや自画自賛したいんじゃなく、
すごく勉強になる 濃い講師陣に来ていただけているなあと
改めて。
よかったらこちらも見てみてくださいませ。

今日の測定所では
自主測定のかたわら 当日お配りする資料の準備でした。
そこにお申し込みのお電話もかかったりして
とっても嬉しかったです。
当日お会いできるのを楽しみにしております!

おまけ⭐️⭐️

ふたはお子たちと遊んでばかり。。
今日は早く下校だったから
ママと一緒に測定所に来てくれて うれしいな♩

幼稚園も小学校も 中学も高校も大学も!
卒業式のシーズンですね。
フォーマルなママ、パパと一緒のこどもたち。
振り袖とはかまのお嬢さんたち。
そういうひとたちの姿が
咲き始めた春の花とともに
顔をほころばせてくれます。

では
みなさま 風邪などひかれませんように。

次回は4周年セレモニーの報告かな。♩

スタッフ・ふた

盛り盛りな3月

こんにちは。
雨の火曜日です。この雨でいよいよ春の芽吹きが始まりますね。
風邪をひいておられる方も多いようです、どうぞお大切に。

昨日は小出裕章さんの講演でした。
IWJの中継でご覧くださった方もあることと思います。
私たち測定所も 講演会実行委員会に入ってました。


 

ふたは ほかの測定所スタッフさんとともに懇親会にも
まぎれこんでしまいました♩
とってもなごやかな雰囲気で 飲み!食べ!
同じテーブルさせていただいた方々の面白いお話を聞いて!
小出先生のところにもちょーっとだけ寄って行ってしまい♩
幸せなひとときでした。
測定所のスタッフしてます、と申し上げましたら
「ありがとうございます!」って。。。。
言ってくださいました。
すごい。。。。。
あまりにもいろいろをおわかりの方のそういう一言って、
すごい力があるなあと思います。
もらっちゃったよ。受け取っちゃったよ。
身と気持ちが引き締まります。

出会うっていいなーーと。
このことがなければ決してお話することはなかったであろう人々。

私たちの4周年記念セレモニーも そのような
出会いの機会となればと思います。

この度は川根眞也さんをお招きしております。
(「内部被ばくを考える市民研究会」
http://radiationexposure.blog.fc2.com/?sp)
川根さんをすでにご存知の会員さんより、
イチオシ!!とのラブコール?をいただいていることもあり
お話がとても楽しみです。
重い事実に向き合わなくてはならないのですが、
ひとりで苦しむのではなく
それぞれの体験を持ったひとたちが集まること。

それできっと
もっとパワフルになって
元気になれるはずです。
自分がそういうのを 測定所にかかわることで
ずっともらってきました。感謝です。

お越しをお待ちしております♩

お申し込みは
↓↓
090-6059-5202
辻本代表の携帯まで♩

スタッフ・ふた

もうすぐ測定所は4周年。そんなときの明るいニュース

こんにちは。
久しぶりのブログ投稿となります スタッフ・ふたです。。
←小さくなっている
もっと活発に更新して、役立つような情報をお届けしたり
日々の測定所の楽しかったことや 勉強になったことを
お伝えしなくてはいけないのに
ふたときたら ずっとブログできていませんでした。。
申し訳ない気持ちです。

しかししぼんではいられません。
とうとう春です。明るい日差しが降り注いでいます。
きっと みなさんのところへも。

そんな日にふさわしいニュースをひとつ。
群馬県前橋市 前橋地裁の判決ですね。
福島第一原発事故の損害賠償を 国と東電に求めた集団訴訟。
昨日 2017年3月17日。
原告側一部勝訴ですね。
避難された方々の訴えが認められ、初めて国の賠償責任が認められました。


判決の骨子 載せておきますね。
前橋地裁判決骨子
○東京電力は遅くとも2002年7月から数ヶ月後には津波を予見できた
○非常用発電機の高台設置などが確保されていれば事故は起きなかった
○国は遅くとも07年8月ころには東電に対し規制制限を行使すべきだった
○国と東電は原告62人に3855万円を支払え

ここで即 気になったのが、「原告62人」。
原告の人数は137人です。
半分以下ではありませんか。
まるで水俣病の裁判じゃないか。。
ほかの国賠訴訟とも同じですね。
漏れる原告の方が出てしまう。
原告の方々の気持ち、弁護団の悔しさ。そして
必ず国側は控訴してくる。
そういう複雑な、砂を噛むような思いと
この先がこれから長い!という緊張感を
ここ 奈良県で私も味わっています。
決して楽観できないんです。

それでも、この判決。
判決を出した地裁裁判長と、裁判官2名が福島まで行って
現地の視察をし、原告宅を訪ねたということは特筆に値するでしょう。
良い判決が出るのはだいたい年度末です。
そして来年度、その裁判官がどこにおられるだろうか。。
当然そこまで読んで、裁判官は10月31日に結審されただろう。
覚悟を決めて、判決を書かれたはずです。
たくさんの思いがよぎります。

しかしそれはそれで。
今回の判決にまつわる すばらしいこと、
成果をじゅうぶんに受け止めて、先へと進むことが必要ですよね。

判決文の分析をしっかり読まなくてはね。
さあ一番に出会えるのはどなたの分析でしょうか。楽しみです。
こういうのでまた勉強になって、脳と気持ちが活性化されるんです。
そういうのをまた、会員のみなさまや
測定所のお客様とわかちあえたら。
奈良に近い 関西の原告団の方々のこともとても気になります。

今朝 3月18日の日経新聞朝刊の紙面の
判決要旨、貼り付けます。
くしゃっとした新聞紙のまんま!で ごめんなさい

今回も?普通のことしか書けませんでしたが
それでもつい力が入ってしまいました。
次回はそろそろ 測定所に来てくださってる
新しいスタッフのことなど書きたいな笑
←ドキッとされそう。。苦笑

そうなんです、「第二世代」が来てるんです、
うちらの測定所に。
測定所スタッフ、第二世代の波。

ではではでは
3月26日日曜は
4周年セレモニー!
きてね。きてね。まだ、空き、あるよ。

お申し込みはこちら
↓↓↓
naracrms@gmail.com